ヒッグス粒子の研究機関CERN



ヒッグス粒子の存在を観測したとされる、おなじみの研究機関は、
欧州原子核研究機構(CERN)です。

このCERNってセルンと読むのですね。
なんだか適当にセーンとかって呼んでました。

こういう短縮型の名称ってなんて呼んだらいいのかわからないもの、
結構ありますよね。

ところで、このCERNですが、タイムマシンの研究も行っていたのですね。
ニュートリノの発見はアインシュタインが間違っていたかもしれない可能性を提示し、
ヒッグス粒子の発見は、ヒッグスシングレットと呼ばれる第2の粒子を、作成できる可能性を示します。
そしてこの第2の粒子は量子物理学によると、
未来または過去の時間に戻ったり、進んだりどちらかに移動できる余分な第五次元にジャンプする機能を持つ必要があるそうです。

ニュートリノやヒッグス粒子の発見によって、
今まで前提とされていた宇宙の概念がひっくりかえることになりますね。
ということは、不可能とされてきたことが可能となる可能性が高まります。

ジョン・タイターというタイムトラベラーの乗ってきたタイムマシンは、
2034年に欧州原子核研究機構 (CERN) により試作1号機が実用化された、
正式名称「C204型重力歪曲時間転移装置」なのだそうです。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0fe8dc88.da8ae91b.0fe8dc89.0ebdec89/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fhmvjapan%2f3960856%2f%3fscid%3daf_ich_link_txt&amp;m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fhmvjapan%2fi%2f11147990%2f" target="_blank">タイムトラベル超科学読本 / クリエイティブ・スイート 【単行本】</a>

タイターが2000年に初めて掲示板に書き込みを行ったものが、
現在でも閲覧可能(英語)だそうです。

書き込み内容は、タイムトラベルの理論など難しい内容ですが、
なかなか興味深くもあります。

▲ページトップへ

HP Directplus オンラインストア
ヒッグス粒子が気になる!

ヒッグス粒子とダークマター(?)

ヒッグス粒子を観測する装置が巨大らしい

大型ハドロン衝突型加速器はこんな装置です

ヒッグス粒子が音楽になると・・・カリビアン??

スティーブ・ジョブズがヒッグス粒子をプレゼンしたら

ヒッグス粒子と実生活

ヒッグス粒子って何の役に立つの?

ヒッグス粒子が発見されたら今後は?

ヒッグス粒子の研究にかかるお金のでどころ

ヒッグス粒子に関するジョーク

ヒッグス粒子がNewton(ニュートン)の特集に

ヒッグス粒子の基礎知識

ヒッグス粒子って何ですか?

ヒッグス粒子と物質の質量の関係

宇宙のはじまり

神の粒子

粒子でできた世界

素粒子とハドロン

素粒子に影響を及ぼす、自然の4つの力

大統一理論と素粒子理論

加速器って何?

光の速度まで粒子を加速する

ヒッグス粒子のアイディアは日本の研究から産まれた

ヒッグス粒子の関連事項

ヒッグス粒子から広がる知的好奇心

物理とドラえもん

ヒッグス粒子の研究機関CERN

スポンサードリンク