宇宙のはじまり



ヒッグス粒子が99.99998%の確度で発見されたということで、究極の物質である素粒子の「標準理論」で考えられた17種類の素粒子のうちの最後の1つが見つかったことになるそうです。

宇宙が誕生した137億年前の大爆発(ビッグバン)によってヒッグス粒子を含むあらゆる素粒子が光速で飛び回った。その約100億分の1秒後に、宇宙空間の状態が変わり、他の粒子の周りにヒッグス粒子がまとわりついて、動きにくくした(質量を与えた)と考えられる。この仮説は英国の物理学者ピーター・ヒッグス博士が、南部陽一郎・米シカゴ大学名誉教授(2008年ノーベル物理学賞受賞)の理論「自発的対称性の破れ」を土台に、1964年に提唱していました。

「自発的対称性の破れ」というのは、初期状態において白でも黒でもないグレー状態で落ち着いていたものが、なんらかの均衡の崩れによって、白または黒に転じて対称性も失われるということです。
対称性が失われることによって、動かしにくさという質量が生じるということがヒッグス機構の説明です。

質量とは、ものの動かしにくさ(抵抗)や重さを表す言葉ですから、物質に質量が「無い」となると、重力が働かずその場にとどまっていられないということになります。

質量がなければ物質が存在せず、生命体も存在しないということになりますから、
宇宙の始まりから現在までを考えるにあたってどれほど重要なポイントとなっているかが、おわかりいただけると思います。

▲ページトップへ

HP Directplus オンラインストア
ヒッグス粒子が気になる!

ヒッグス粒子とダークマター(?)

ヒッグス粒子を観測する装置が巨大らしい

大型ハドロン衝突型加速器はこんな装置です

ヒッグス粒子が音楽になると・・・カリビアン??

スティーブ・ジョブズがヒッグス粒子をプレゼンしたら

ヒッグス粒子と実生活

ヒッグス粒子って何の役に立つの?

ヒッグス粒子が発見されたら今後は?

ヒッグス粒子の研究にかかるお金のでどころ

ヒッグス粒子に関するジョーク

ヒッグス粒子がNewton(ニュートン)の特集に

ヒッグス粒子の基礎知識

ヒッグス粒子って何ですか?

ヒッグス粒子と物質の質量の関係

宇宙のはじまり

神の粒子

粒子でできた世界

素粒子とハドロン

素粒子に影響を及ぼす、自然の4つの力

大統一理論と素粒子理論

加速器って何?

光の速度まで粒子を加速する

ヒッグス粒子のアイディアは日本の研究から産まれた

ヒッグス粒子の関連事項

ヒッグス粒子から広がる知的好奇心

物理とドラえもん

ヒッグス粒子の研究機関CERN

スポンサードリンク